結婚式で流されるプロフィールムービーとは

結婚式の演出で使えるエンドロールの作り方

結婚式での演出

場の雰囲気を大きく変えるものに映像があります。
映像は何かしらの演出にとても効果的で、多くの場でこの映像を用いた手法が使われます。
冠婚葬祭でも同様で、特に近年結婚式において映像を用いた様々な演出が行なわれています。
その1つにプロフィールムービーがあります。
プロフィールムービーとはその名の通り、新郎新婦にフォーカスしたそれぞれの生い立ちから出会、現在に至るまでの様子を映像にまとめたもので、お色直しの時によく流されます。
実は1990年大からこのプロフィールムービーは既にあり、現在では結婚式を行なう約9割の方がこの映像を用意し、実際に演出の1つとして使用しています。
プロフィールムービーの他にエンドロールムービーもあり、式の最後で流されます。
2つとも中身は思い出の写真や、新郎新婦に関係する友人やその周りの方々に関するエピソード、また動画を使用し、感動的な音楽とともに構成されます。

ムービーと言っても基本的に凝った映像が求められるわけではないので、手作りで自作するのが一般的で、現在の主流です。
元々の始まりがお色直しや2次会の間にゲストをもてなすものとして作られたものなので、ゲストが楽しめる内容であればどんな映像でもプロフィールムービーと言えます。
最近ではこの映像に凝る方も出てきて、また一般的になりつつあるため制作を代行する制作会社も増えてきました。
制作会社に依頼するとプロによる編集が行われるため、より効果的な演出ができる特徴がありながら、用意する手間が省ける特徴があります。
また式場のプランにも組み込まれるようになり、作りたい場合はオプションプランを選択することで、式場の申し込みと同時に作成することも可能な場合もよく見られます。

作る方法

式場で流すことが一般的になりつつあるプロフィールムービーを作る方法は様々あり、セットプランの場合もあれば、制作会社に依頼、手作り、WEBサービスを利用する方法などがあり、それぞれで特徴があり価格も変わってきます。

詳しく読む

中身

プロフィールムービーの中身は一般的に生い立ち、出会、決意の3つのシーンで構成され、それぞれで効果的な演出や適したBGMなどが変わってきます。そのためシーン構成は大切になってきます。

詳しく読む

写真の選び方

プロフィールムービーの映像の長さは10分前後がいいとされ、この10分を軸にシーン決めを行ない、写真選択する必要があります。写真選択時には枚数も重要になり、各シーンで目安となる枚数があります。

詳しく読む

コメント

プロフィールムービーで写真を表示する場合はスライドムービーを用い、その写真により意味を持たせるコメントが存在します。コメントは写真に関するエピソードを入れると効果的な演出が可能です。

詳しく読む